飼っている猫を皮膚病から守ろう|その方法を知ろう

家族

犬の習性を理解しよう

家族

リーダーとなることが大切

犬はペットの中でも特に多くの家庭で飼われており、飼いやすい動物としても知られています。とはいえ、犬のしつけをきちんと行っておかないと、いつまでもトイレの場所を覚えない、無駄に吠える、散歩中に勝手な行動をする、飛びつく、噛みつくなどの問題行動を起こしてしまいます。家族だけではなく、時には他人に害を与えてしまうこともありますので、そうならないよう対策は早めに行っておきたいところです。犬のしつけは子犬のうちからしっかりと行うことが大事ですので、可愛いからと甘やかしすぎないよう注意しましょう。犬のしつけをより楽に行うのであれば、まずは犬の習性をよく理解しておく必要があります。まず、犬はもともと群れで行動していた動物ですので、リーダーに従うという特徴を持っています。それゆえ、飼い主がリーダーであるということを、犬にしっかりと認識させておく必要があります。そして飼い主の指示に従わないからと、強く怒ったり、叩いたりするのは犬にストレスを与えてしまいますので、逆効果となってしまいます。正しく行動できたときは褒めてあげるなど、愛情を持って犬のしつけを行いましょう。年齢が高くなればなるほど、しつけは難しくなりますので、できるだけ子犬のうちからしつけておくことが大事です。どうしても飼い主さんがしつけが苦手という場合は、犬のしつけ教室を利用することもおすすめです。こうした教室では専門家がサポートしてくれますので、短期間でしっかりとしつけができるようになります。