飼っている猫を皮膚病から守ろう|その方法を知ろう

家族

病気予防が役立ちます

犬

目と肌への配慮が有効です

パグ等の犬は、ペットとして日本国内で広く飼育されています。家庭内で十分な世話をすることが多くなっている近年、従来は長くて十年程度であった犬の寿命は大幅に延びると傾向が続いています。しかし、人間と比べると短い状況は、依然として変わりません。一緒に生活している時間は長くなっている訳ですから、飼主はペットに対して一層の配慮をすることが欠かせません。犬の寿命は小型犬の方が長く、中型犬、大型犬になる程、短くなる点が特徴です。具体的には、小型犬の平均寿命は13年から15年、中型犬は10年から14年、大型犬は7年から12年程度と言われています。パグは小型犬ですから、最長で15年以上を一緒に過ごすことが可能です。ただし、パグの平均寿命は10年以上を見込めても、あくまで目安に過ぎません。そのため、実際の飼育状況が大きく寿命に影響しますから、健康に対して十分に配慮することが大切です。パグの容姿には様々な特徴がありますが、その一つに目の突き出している点が挙げられます。愛嬌のある容姿に繋がっていますが、小型犬ですから体高が低く砂埃等の刺激を目に受けやすい要因になっています。その結果、病気等に罹患しやすくなって寿命を短くする恐れがあるので、気をつける必要があります。また、基本的に体毛が短くて肌が弱いので、暑さや寒さ等の気温の影響を受けやすい肌質をしています。肌トラブルを抱えると痒みが増して、ストレスを感じやすくなりますから注意が必要です。