飼っている猫を皮膚病から守ろう|その方法を知ろう

犬と猫
犬と女の子

理解力の高い犬種です

ジャックラッセルテリアは小型犬と思えない旺盛な体力を備えているので、長めの散歩で運動不足を解消させることが大切です。好奇心が強いので、突発的な行動を防ぐためのしつけは大切です。利口なので、時間と手間をかけることが飼育の基本です。

ペットを病気から救う

猫

治療

一緒に生活している猫が、かゆそうにしていたり、身体の一部が脱毛していたりした場合は、皮膚病にかかっている可能性があります。いつもと様子が違うと感じたら、すぐに動物病院に行って適切な処置をしてもらうことが大切です。猫の皮膚病には、さまざまな原因があるので、自己判断で市販薬を買って投与しても、症状を悪化させてしまうこともあります。なので、皮膚病の可能性が疑われる場合は、医師による診断で原因を突き止める必要があります。猫の皮膚病の原因で多いのは、ノミやダニなどの寄生虫によるものです。この場合は、主にスポットタイプの駆除薬を使用します。猫の肩甲骨付近に駆除薬を垂らすと、虫を駆除することができ、皮膚の炎症も自然と治ります。また、皮膚の炎症がひどい場合は、同時に塗り薬なども投与します。また、家中にノミやダニがいて再発するおそれがあるので、猫が使用しているベッドや家中の布製品を洗濯、掃除をして、徹底的に虫を駆除する必要があります。それから、カビが原因となる皮膚病も多く、この場合は抗真菌薬を使います。抗真菌薬は、飲み薬、塗り薬とあり、一か月も続ければ皮膚病が治ってきます。また、週に1回ほどの抗真菌シャンプーも組み合わせて治療するケースもあります。猫は、身体に気になる部分があるとしきりに舐めてしまうため、皮膚病が一向に治らないこともあります。そういう場合は、舐めすぎを防ぐため、保護具であるエリザベスカラーを装着させるのも手です。

家族

犬の習性を理解しよう

犬は飼いやすい動物ですが、それでもしつけをきちんと行わないと様々な問題行動を起こすようになってしまいます。犬のしつけのポイントは、まずは飼い主がリーダーであることを認識させることにあります。年齢が高くなればしつけは難しくなりますので、子犬のうちからきちんと行っておきましょう。

犬

病気予防が役立ちます

犬の寿命は延びていても、人間より短い状況は変わりません。小型犬のパグは大型犬より平均寿命が長く、最長15年以上を一緒に過ごすことができます。容姿の特徴である目や肌に対するトラブルに配慮すると、長生きに繋がる可能性が高くなります。